トップページ > 長崎県の暮らしやすさ

長崎県の暮らしやすさ

南島原市移住者ご夫妻写真
「長崎は暮らしやすかばい!」
【美しい自然と豊富な観光資源に恵まれた長崎県】
 周囲を海に囲まれる長崎県。多くの離島があり、県の総面積の5割近くを「島」が占めています。
 平成27年7月には、軍艦島など、長崎県の多くの資産を含む「明治日本の産業革命遺産」が、世界文化遺産として登録されました。
 異国情緒あふれる街並み、世界新三大夜景にも認定されたきらめく夜景…。海外との交流の歴史の中で培われた独特の文化も魅力です。
 また、豊富な海の幸はもちろんのこと、温暖な気候を活かした果実や野菜の栽培もさかんで、長崎は古くから食材の宝庫でもあります。
【長崎県の暮らしやすさ】
 長崎県では、平成27年7月にいろいろな統計データを使って、独自に「学びやすさ」や「子育てのしやすさ」、「働きやすさ」などの10の区分と100の個別指標からなる「長崎県の暮らしやすさ指標」をつくり、他県と比較してみました。
 なんと、その結果は、長崎県が総合得点で全国1位となりました。
 また、長崎県の暮らしやすさのほか、長崎県と他の都市との生涯収支をわかりやすく比較したグラフや県内企業に就職した若手社員のインタビューなどを掲載した県内就職応援誌「なっとく! ながさき」を、平成29年3月に作成しました!
 長崎には長崎でしか経験できない豊かな暮らしや魅力がたくさんありますので、ぜひ皆さん、長崎県での就職を考えてみませんか?


【選定指標の特徴】
  • 「長崎県の暮らしやすさ指標」は、本県が独自に設定した10の区分と100の個別指標から構成しています。
  • 「快適で便利に生活できるまち」「きれいな環境を保つまち」…といったように「暮らしやすいまちの姿」という視点で指標を選定しています。施設、設備の充実といった環境整備面をみる指標の割合が多いことが特徴です。

トップへ