企業・求人・インターンシップ情報
PR企業

自社の技術やサービス・職場の雰囲気など、
他社に負けない魅力をPRしている県内企業です。

応援団

【ながさき若者・女性・高齢者就職応援団】
県内経済界のご支援により発足し、若者・女性・高齢者の
採用・定着に積極的に取組んでいる県内企業のネットワークです。
※事務局は、長崎県総合就業支援センター内に設置しています。

女性活躍

【ながさき女性活躍推進会議】
女性の活躍を推進する「ながさき女性活躍推進会議」の会員で、女性の職域拡大、登用促進などに取り組んでいる企業です。
※クリックすると、自主宣言会員一覧ページに移動します。

株式会社まるなか本舗
業種
百貨店・スーパー・専門店
所在地
〒851-2211
長崎市京泊3‐14-21
資本
従業員数
86人

会社マーク 企業情報詳細

魅力情報
1.社訓・企業理念
  社 訓   一、「誠実」 まるなか本舗の顔として、行動を誠実に。
       一、「努力」 安心・安全はもちろん、お客様の食卓に笑顔が広がるように。
       一、「感謝」 生命あるすべてのものに。

  企業理念  「引き継がれた 長崎の味を いつまでも」

2.事業内容  
新鮮な魚のおいしさが生きた蒲鉾を製造、販売を製造販売しています。長崎が誇る食文化、豊な海に囲まれた長崎で漁獲されたものを全国発信していくことはとても大切だと考えています。「引き継がれた長崎の味をいつまでも」を経営理念として笑顔あふれる食卓に貢献できるよう、プロ意識を持って取り組んでいます。社是に掲げる『誠実・努力・感謝』人として当り前のことをきちんとやっていくとういう思いを共有しています。

3.他社とは違う当社の魅力・当社の自慢
味の良い長崎の蒲鉾を全国に売り出そう」と長期保存が可能なパッケージ包装を独自に開発したのが1954年(昭和29年)、以来、水産県長崎ならではの上質な原材料にこだわり、丹精こめて作り上げた「長崎の味」を受け継いできました。エソやグチなど高級な素材をふんだんに使い、魚の持ち味をしっかり残すのがまるなかの蒲鉾作り。土産物や贈答品など「人に送る蒲鉾」として喜ばれるような企業努力を重ねています。

4.経営者の声
≪この蒲鉾に、歴史あり≫
まるなか本舗の創立者、中村吉衛。
元々は鮮魚小売商だったが、「味の良い長崎の蒲鉾が地元だけで消費されているのは、腐敗しやすいからだ。保存の方法を考え全国に売り出そう」と、蒲鉾製造に乗り出します。
独自で長期保存方法を考え、昭和29年にパッケージ包装の開発に成功。長崎の蒲鉾文化を全国に広める礎を作り、その功績が評価され黄綬褒章を受賞しました。
                            代表取締役社長 中村 吉治

5.店舗案内
まるなか本舗総本店・ニュー長崎ビル名店街・住吉店・アミュプラザ店・長崎浜屋店・三重工場店・JR佐世保店・ハウステンボス店・長崎空港店・博多店・オンラインショッピング

6.新卒者の採用状況(ここ2~3年の、大学、短大高専、専修、高校)
     平成29年度 ~高校生1名、中途採用2名

7.求める人材
観光地長崎はカステラ、ちゃんぽんといった食文化のイメージがある中で、蒲鉾が肩を並べたいという思いを持っている。蒲鉾を通して長崎をPRできるような広い視野で持った方。また伝統の味を大切に守りながら、新商品の開発にも力を入れなければならず、若手の物作りが好きな方などが求められます。販売においても空港、駅などを中心に長崎の窓口などで会話を通じたていねいな接客を行うことが出来る方などが求められます。

8.人財活用の取り組み
工場には老舗ならではの高齢のベテラン職人さんもおられ、定年後も雇用の更新を行い、長く働くことができる。逆にその技術を継承していく若手が必要とされている職場でもある。会社全体としては女性が半分を占める会社なので、パートさん等も含めて安心して働ける環境にある。
≪まるなか本舗総本店≫
まるなか本舗の商品は下記の店舗でお買い求めいただけます。
長崎に旅行や出張でお出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
また、空港売店、駅売店、高速道路売店や、長崎の名産品を取扱っているお土産コーナーでも一部の蒲鉾がお買い求めいただけます。
企業写真1
≪本物へのこだわり≫
よい蒲鉾の条件は、一に味、二に腰、三に色です。手づくりの味わいを大切に、四代受け継がれた「こだわり」は、創業以来、合成保存料を一切使用しない安心の味づくりです。受け継がれてきた本物の味を大切にしながら、新製品の開発にも力をいれているので、まるなか本舗の製品は、今日までに数々の賞を受賞しています。さらに宮内庁献上・宮家御用達の栄誉まで授かる、まさに本物の美味しい蒲鉾づくりに専念しているのです。
魅力画像1
≪長崎香福亭≫
長崎の味ひとすじ創業八十年。蒲鉾老舗のまるなか本舗四代目・中村吉治が創作した新しいブランド『長崎香福亭焼かま』が誕生。
蒲鉾造りの原点に還り、スケトウダラ、エソ、グチのみの高級魚使用、丹念に焼き上げ、中はふっくら、外は香ばしい「串付き焼かまぼこ」が出来上がりました。まさに創業八十年の新かまぼこ誕生です。
長崎の味ひとすじ創業八十年。蒲鉾本舗のまるなか本舗四代目・中村吉治が創作した新しい蒲鉾ブランド『長崎香福亭焼かま』が誕生。
魅力画像2
≪竹輪・板付≫
まるなかの板付は、表面のちりめんじわが高品質の証。
新鮮な魚の香りを生でお召し上がりください。
また、竹輪は、手にぎりで型を整え、渋うちわで風を送りながら丁寧に焼き上げることにより、黄金色をしています。
魅力画像3
≪揚げ蒲鉾≫
東シナ海の新鮮な魚の旨味が口に広がる昔ながらの長崎の家庭の素朴な味わいです。
魅力画像4
会社マーク 会社概要
会社・事業所名
株式会社まるなか本舗
ふりがな
まるなかほんぽ
所在地
〒851-2211
長崎市京泊3‐14-21
電話番号
095-850-1102
FAX番号
095-850-1013
従業員数
86人
創業・設立
1963年
資本
業種
百貨店・スーパー・専門店
連絡先メールアドレス
info@marunakahonpo.co.jp
主な就業場所
長崎県内全域
会社の特色
(事業内容・会社PR等)
「味の良い長崎の蒲鉾を全国に売り出そう」と長期保存が可能なパッケージ包装を独自に開発したのが1954年(昭和29年)。以来水産県長崎ならではの上質な原材料にこだわり、丹精込めて作り上げた「長崎の味」を受け継いできました。エソやグチなど高級な素材をふんだんに使い、魚の持ち味をしっかり残すのがまるなかの蒲鉾造り。土産物や、贈答品など「人に贈る蒲鉾」として喜ばれるような企業努力を重ねています。

販売部門では空港や駅などの長崎の玄関口で働けるのが1つの楽しみです。接客では、蒲鉾の販売にプラスαの要素が必要。そこを考えられる人材が求められます。
製造部門は、物作りが好きな方。伝統の技と味を受け継ぐ当社で蒲鉾作りを通して購入してくださる人の「おいしい」と言っていただける顔を想像しながら製品を作るのは楽しいことだと思います。
人事担当からのメッセージ
人物アイコン
製造業ですので、ものづくりの好きな人、商品開発などに興味のある人。
前向きな考えの持ち主で、何事にも積極的に取り組む人材を求めています。
先輩からの声
人物アイコン
製造職・ 物作りが好きで工場で働きたいと前々から思っていて、製造職を希望していました。老舗蒲鉾店での応募に面接を受けました。人にとって「食」はなくてはならない物であり、その「食」のひとつ蒲鉾を製造し、お客様に安心安全な商品を提供できる喜びを日々感じながら仕事をしています。仕事は、全くの1からのスタートでしたが、先輩方の技術を学びながら老舗蒲鉾を継承し、自分も一緒に成長できればと思っています。

トップへ