企業・求人・インターンシップ情報
PR企業

自社の技術やサービス・職場の雰囲気など、
他社に負けない魅力をPRしている県内企業です。

応援団

【ながさき若者・女性・高齢者就職応援団】
県内経済界のご支援により発足し、若者・女性・高齢者の
採用・定着に積極的に取組んでいる県内企業のネットワークです。
※事務局は、長崎県総合就業支援センター内に設置しています。

株式会社長崎マツダ
業種
百貨店・スーパー・専門店
所在地
〒857-1165
佐世保市大和町943-1
資本
5000万円
従業員数
65人

会社マーク 企業情報詳細

魅力情報
1.長崎マツダの想い
長崎マツダは、「楽しい」を創れる場所でありたい。「楽しい」ということは遊ぶことだけでは無く、「遣り甲斐」や「自身の成長」を感じれることです。この楽しさを感じることは、一人では出来ません。当社は「目標を持ち、努力をする人」を、積極的に応援していきます。
それは社員の成長が当社のお客様だけでなく、様々な側面から社会に貢献ができると思うからです。
長崎マツダは、社員一人ひとりの「想い」を大切にしていきたいと考えています。

2.事業内容
(1)マツダ車の販売
(2)中古車の販売
(3)自動車の整備・板金
(4)部品用品の販売
(5)保険代理店業務

3.製品・商品などの紹介
長崎マツダでは低燃費のスカイアクティブテクノロジーを搭載したアテンザ、アクセラ、CX-3、CX-5、デミオ、ロードスターなどを取り扱いしています。

4.研修・福利厚生制度
・新人研修
・マツダ メーカー研修
・ビジネスマナー研修
・社内自主研修制度
・営業研修・整備研修
・全体会議

5.新卒者の採用状況(ここ2~3年の、大学、短大高専、専修、高校)
     平成26年度  大学1名  専門2名
     平成27年度  大学1名  専門2名
     平成28年度  大学2名  専門2名 (4名採用予定)

6.求める人材
主体的でポジティブ思考の人
長崎マツダではアテンザ、低燃費のスカイアクティブテクノロジーを搭載したCX-5、新世代デミオ・アクセラ・ロードスターなどを取り扱いしています。
企業写真1
<CX-3>
こだわり抜いたのは、「人馬一体」。
走り出した瞬間、クルマとひとつになって都市空間を自在に駆け、どこまでも走っていきたくなる。CX-3で未体験の楽しさが湧き上がります。
魅力画像1
<アクセラ>
もっともっと、人とひとつになるクルマを。人馬一体を究極なまでに体現した、MAZDAが目指す走る歓びのベンチマーク。それがアクセラ。
魅力画像2
<ロードスター>
「だれもが、しあわせになる。」
1989 年に誕生した初代ロードスターの、カタログ・コピーです。その「しあわせ」とは、人とクルマが心を合わせることにあると思います。ドライバーの意思と、それに反応するクルマの間に余計なものが介在しない、ピュアな「感覚」。
ロードスターは再び原点に立ち戻って、人とクルマの間の「感覚」を徹底的に磨きあげました。ステアリングを握れば、最高の時間が流れ出します。
魅力画像3
<出かけよう>
もっともっと、人とひとつになるクルマを。
魅力画像4
会社マーク 会社概要
会社・事業所名
株式会社長崎マツダ
ふりがな
ながさきまつだ
所在地
〒857-1165
佐世保市大和町943-1
担当者
〒857-1165
佐世保市大和町943-1
経営企画室 課長 馬場 正信
電話番号
0956-33-1515
FAX番号
0956-32-7778
従業員数
65人
創業・設立
1948年
資本
5000万円
業種
百貨店・スーパー・専門店
連絡先メールアドレス
baba.m@mazda-dealer.jp
可能な受入
インターンシップ
出前授業可能な学校
高校、大学
主な就業場所
長崎県内全域
会社の特色
(事業内容・会社PR等)
当社は、長崎県を営業テリトリーとする自動車ディーラーです。
当社は、長崎マツダで働く「人」を大切にしていきたいと思っています。
あなたを支える周りの人達も幸せにできる企業を一緒に目指しましょう!
人事担当からのメッセージ
人物アイコン
あなたの「思い」を、ぜひお聞かせください。
私達は、目的意識や成長意欲などを持った人を、積極的に応援していきたいと思っています。
それを応援する為にも、面談時にあなたの思いを全て聞かせてください!
先輩からの声
人物アイコン
仕事はどこでやっても一緒だと思っていました。そのような思いがあるなかで会社見学を行い、全拠点の案内を受けました。
面談時にはわからなかった会社の雰囲気・会社で働く人を目でみて話をして、自分自身がこの会社で働いているイメージをすることができました。
ぜひ会社を選ぶ際には、そういった自分が働いているイメージが出来るかどうかを大切にしてもらいたいと思います。

トップへ