企業・求人・インターンシップ情報
PR企業

自社の技術やサービス・職場の雰囲気など、
他社に負けない魅力をPRしている県内企業です。

応援団

【ながさき若者・女性・高齢者就職応援団】
県内経済界のご支援により発足し、若者・女性・高齢者の
採用・定着に積極的に取組んでいる県内企業のネットワークです。
※事務局は、長崎県総合就業支援センター内に設置しています。

株式会社雲仙きのこ本舗
業種
農林・水産
所在地
〒859-2203
南島原市有家町尾上3147
資本
1000万円
従業員数
223人

会社マーク 企業情報詳細

魅力情報
1.経営理念・行動指針
【経営理念】 企業は人なり、人は品性なり
【行動指針】
 ・仕事にやりがいを持てる社風をつくり高い生産性を築きます。
 ・人との関わりを大事にし、自己の役割に責任感を持った深い人間性を目指します。
 ・世の中に必要とされる企業になる為に広い社会性を確立します。

2.事業内容
 ・きのこ類の栽培(えのき茸、舞茸、なめこ、エリンギ、ぶなしめじ)
 ・加工食品の製造(きのこ類や農産物を使用した加工食品、麺類製造)
 ・自社製品販売(直営店、通信販売運営)

3.他社とは違う当社の魅力・当社の自慢
  風光明媚な雲仙、島原地域の天然の水や豊かな自然の中で、社員ひとりひとりの丁寧な仕事よって、当社自慢のきのこを育んできました。「美味養生(びみようじょう)」をモットーに「体によくて美味しい食品づくり」に取り組んでいます。きのこの栽培から農産物の加工や商品の販売と食に関する業務を行っています。

4.経営者の声
  創業以来、試行錯誤を繰り返しながらここまでやってきました。本業のきのこ栽培はもちろんのこと、「養々麺」などヘルシーで低カロリーな加工食品も、全国各地からお問い合わせをいただくほどになってきました。これからは、人材育成により力を入れ、会社を骨太なものにしていきたいと考えています。品質管理や販売管理を徹底し、より多くの方に親しまれるような商品づくり、会社づくりを目指していきます。
                              代表取締役社長 楠田喜熊

5.福利厚生・研修視察
 【福利厚生】
  ・各種保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)
  ・住居手当、家族手当
  ・定期健康診断
  ・退職金制度
  ・資格取得助成
  ・誕生日プレゼント
  ・永年勤続者表彰
  ・社員親睦会
  ・レクレーション  
 【研修視察】
  ・入社研修
  ・新入社員研修会(外部)
  ・安全衛生研修
  ・催事研修、市場視察
  ・若手社員研修旅行
  ・役職者研修
  ・先進地、展示会視察

6.新卒者の採用状況(ここ2~3年の、大学、短大高専、専修、高校)
   平成29年度 高校2名
   平成30年度 大卒1名、専門学校1名、高校4名
   平成31年度 大卒1名、高校3名

7.求める人材
  ・気持ちの良い挨拶ができる方
  ・謙虚な姿勢で何事も真剣に取り組める方
【雲仙きのこ本舗 本社】
南島原市有家町
・事務所、きのこ栽培、種菌研究所、加工食品(出荷)、通信販売の部署があります。
 
その他にも島原半島を中心に生産工場が10施設、直営店3店舗を運営しています。
企業写真1
・若手からベテランまで幅広い年代の社員が、力を合わせて、きのこづくりに真っすぐに取り 組んでいます。社員は仕事に対して厳しい面もありますが、明るく優しい方ばかりです。
魅力画像1
・えのき茸、舞茸、なめこ、エリンギ、ぶなしめじを各工場で、5品種合計で年間約5,500t出荷しています
魅力画像2
・きのこは菌類になります。菌の品質の保持、管理を行うことで、より良いきのこづくりができます。
魅力画像3
【商品】
・加工食品(養々麺など)
・きのこ類
魅力画像4
会社マーク 会社概要
会社・事業所名
株式会社雲仙きのこ本舗
ふりがな
うんぜんきのこほんぽ
所在地
〒859-2203
南島原市有家町尾上3147
担当者
〒859-2203
南島原市有家町尾上3147番地
総務 課長 森塚 浩之
電話番号
0957-82-0011
FAX番号
0957-82-0030
従業員数
223人
創業・設立
1957年
資本
1000万円
業種
農林・水産
連絡先メールアドレス
moritsuka@unzenkinoko.co.jp
可能な受入
職場見学
職場体験
インターンシップ
インターンシップ
主な就業場所
島原地区(島原市、雲仙市、南島原市)
会社の特色
(事業内容・会社PR等)
弊社は、5品種のきのこ(えのき茸、舞茸、なめこ、エリンギ、ぶなしめじ)の栽培と、それらのきのこを使用した加工食品の製造、並びに卸し販売、通信販売を主な業務としております。農産物の生産、加工製造、販売を1社で手掛け、早くから6次産業化を進めてまいりました。創業60周年を迎え、島原半島を中心に製造施設を11ヶ所、直営店3店舗、通信販売を自社で運営し、創業以来の「美味(びみ)養生(ようじょう)(体によくて美味しい食品づくり)」の精神に基づき、お客様に喜んでいただけるような製品づくりを目指しております。今後は、きのこや食品の研究・開発部門の強化を行い、安心、安全な商品を国内はもちろん、海外にお届けしたいと考えています。
人事担当からのメッセージ
人物アイコン
創業以来変わることない「体に良いものが、美味しいものであってほしい」という「美味養生」は、地元島原半島でのきのこづくりで培った私どもの「食」への永遠のテーマです。素材選びと味づくりにとことんこだわり、こつこつと地道に良いものを追い求めて食品づくりを行っています。
先輩からの声
人物アイコン
いろんなことにチャレンジして、今できる事を精一杯がんばり、人生は一度きりなので自分が何になりたいか、何をしたいかをしっかり考え、色んな人に相談し、たくさん悩んで自分の進路は決めてほしいです。

トップへ