企業・求人・インターンシップ情報
応援団

【ながさき若者・女性・高齢者就職応援団】
県内経済界のご支援により発足し、若者・女性・高齢者の
採用・定着に積極的に取組んでいる県内企業のネットワークです。
※事務局は、長崎県人材活躍支援センター内に設置しています。

移住支援

【移住支援金対象企業】
就職した場合に移住支援金の対象となる法人です。当該法人に、東京23区から移住し就職した方には、移住支援金100万円(単身60万円)が支給されます。
(一定要件あり)
※クリックすると長崎県移住支援金のページに移動します。

交流企業

学生との交流を希望し、交流メニューを掲載している企業です。
企業との交流を行ないたい場合は各企業ページの「ツナガル」ボタンから申し込みが可能です。

旭栄産業株式会社
業種
建設・設備関連
所在地
〒852-8108
長崎市川口町11-3
資本
2000万円
従業員数
60人

会社マーク 企業情報詳細

今年度は5名新入社員が入りました!
「新人は失敗をするのが当たり前」というのが同社の育成方針。
入社後、1年程度は先輩社員についてのOJT研修を徹底し、
じっくりとスキルを磨くことができます。
各部署に配属されましたが、それぞれに育っていくのが楽しみですね。
企業写真1
会社マーク 会社概要
会社・事業所名
旭栄産業株式会社
ふりがな
きょくえいさんぎょう
所在地
〒852-8108
長崎市川口町11-3
電話番号
095-847-3132
FAX番号
095-849-0413
従業員数
60人
創業・設立
1973年
資本
2000万円
業種
建設・設備関連
連絡先メールアドレス
kyokuei@dream.ocn.ne.jp
可能な受入
インターンシップ
インターンシップ
出前授業可能な学校
高校、大学
主な就業場所
長崎地区(長崎市、西海市、西彼杵郡)
会社の特色
(事業内容・会社PR等)
昭和48年より、旭化成建材の長崎県下総代理店として建設業を営んでおります。
事業内容としまして、ビル等の基礎を作る分野では長崎県下第4位。
建物の外壁を作る分野では長崎県下第1位の実績を誇っており、昨年は、設備投資として
大型重機を導入及び博多駅前に福岡営業所を開設し福岡・熊本・鹿児島へも営業展開を
行っております。

◇土木・建築工事
◇基礎・深礎工事
◇地質調査工事
◇解体工事

◆ALC・押出成形板工事
◆仕上げ・耐火被覆工事
◆鉄骨工事

◇雇用促進・社員教育◇
長崎県の人口は減少傾向と言われていますが、当社は長崎県UIJターン就職促進事業にも力を注いでおり、長崎県内外で開催される企業面談会にも積極的に参加しております。
また、新人教育、社内勉強会など定期的に開いたり、
資格取得に掛かった受講料も会社が負担し、人材育成に力を注いでいます。

役職やキャリアに関わらず発言しやすい雰囲気があるというのは当社の魅力。
オフィス内で意見が飛び交い、活気に溢れています。
一昨年、約8000万円する地盤改良機を導入したのも、現場の意見を社長に伝えて実現したもの。
ボトムアップ型の企業なので、やりがいを感じながら働き続けることができる環境です。
第二課が担当する土木工事は自然が相手。
現場の地形は毎回異なるので、工法を提案するにも、見積もりを出すにも経験が必要です。
新人については数年かけて、じっくりと育成していこうと考えています。

旭栄産業はこんな事業をしています

■人の命を守る仕事

~旭栄産業は、地震や火災に負けない建物を作る会社です。
   即ち、そこに住む人々の暮らしを守る会社です。
         もっと簡単にいうと、命を守る会社です。~ 

この理念のもと、旭化成建材の長崎県下総代理店として1973年に創業、45年以上長崎県を中心に九州一円で実績を重ねてきました。建物そのものではなく、建物の土台となる【基礎】と【外壁】分野での専門工事業に特化しています。
目に見えない部分の工事ですが、安全な建物を建てる=人の命を守る仕事である責任と誇りをもち、日々の業務に取り組んでいます。


■当社の魅力はここ!!
~会社は、みんなでつくっていくものだから~
旭栄産業はボトムアップ型の会社を目指しており、社員同士で会社の方向性を決めていける環境を整えています。実際、一昨年には「将来的にさらに仕事を展開していきたい」と営業部長と工事部長を発端に大型重機の導入の話が上がりました。現場の意見も含めた事業計画書を作成し、社長にも掛け合い、結果的には8,000万円をかけ「地盤改良機GI-130C-HTKF4」を購入しました。働く社員ひとりひとりを尊重し会社に対してアイディアや考えを発言しやすくすることは、社員に会社のことを考えてもらう機会を増やすだけでなく、「せっかくの人生、仕事の時間を中身の濃ゆい、良い時間の使い方をしてほしい。」そんな社長の願いも込められているのです。


■技術力・開発力に優れている!

【第一課 : 外壁工事】私たち、今日もあなたの命を守っています
第一課では、主に外壁工事を担当しています。ALC工事、押出成形版工事、仕上げ工事、耐火被覆工事、断熱工事といった旭栄産業の工事を通して、地震や火災といった外的要因に強い壁を作り、安心して建物を利用できるようになります。いわば、【命を守るための工事】と自負しています。最近は建物のニーズも多様化し、デザイン性の要求も高くなりがちですが、そういった要求にも対応できる商品も取り揃えております。ありがたいことに45年以上の経験と数えきれないほどの実績があり、1年で約100棟ほどの工事を任せていただいています。安全な建物を建てるための必要不可欠な工程を担当できることは、大きなやりがいにつながるのです。


【第二課 : 基礎工事・土木一式】長崎県代表、縁の下の力持ち!
第二課では主に基礎工事を担当しています。基礎工事も【命を守るための工事】、構造物の一番重要な礎づくり。地震大国である日本だからこそ耐震性が重要視され、お客様に工法を適切に提案する責任があります。杭工事や山留工事など単体工事を扱う企業が多い中、旭栄産業は全ての基礎工事に対応しており、計画立案から総合的に提案することができています。これらができるのは長崎県内では旭栄産業だけ!1年間で数百もの案件を任せていただき、県内に建っているマンションの基礎工事の6~7割は、私たちが担当しているのです!地面の下の工事のため目には見えませんが、無事に竣工して建物が完成した時の感動はひとしおです。


■みなさんにはこんな仕事をしていただきます
<旭栄産業の強みと魅力を伝え続ける営業職>
旭栄産業株式会社の営業職として担当エリアのゼネコンや官公庁・設計事務所を定期訪問し、現場のニーズを発掘。
旭栄産業だからこそ提案できる強みを生かした工法をお客様に提案します。
不安を感じることはありません。この業界では一人前になるまで数年といわれています。
豊富な知識を持った先輩社員との同行や実際の現場での経験で専門的な知識をつけていってください。
人事担当からのメッセージ
人物アイコン
◇こんな方をお待ちしております◇
・資格取得に積極的な人
・チームワークを重視する人
・こだわりや探究心の強い人
・とにかく負けず嫌いの人

若手が失敗から学び、経験を積んで成長できる温かい職場環境があります。
入社後、1年程度は先輩社員についてOJT研修を行い、じっくりとスキルを磨く事が出来ます。
先輩からの声
人物アイコン
■先輩社員にインタビュー


<工事部係長:松浦 公紀(36歳)>
キャリア:施工管理職(入社10年目)

◎これが私の仕事
マンションをはじめとした建設現場の管理業務。
建築物の基礎工事や、山留工事、土工事の現場管理をしています。長崎県内全域、佐世保、島原、諫早などの現場を担当することもありますね。
マンションの基礎工事の仕事がいちばん多いでしょうか。ここ10年くらい、長崎県内はマンション建設が増えているからだと思います。
仕事の流れとしては、現場に入り、元請けさんとの打ち合わせです。工事の規模を確認したり、営業がどういったやり方で工事をやる、という契約をしているので、段取りを行っていきます。
それから、大切なことは、安全面の管理、工事が日程通りに進んでいるかなどの進捗管理ですね。工事をやっていると変更点が出てくるので、作業員さんと打ち合わせしながら進めていきます。人との折衝ごとが多い仕事です!

◎だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード 街づくりに直接貢献できる仕事!
前の仕事を含めると13年ほどこの業界で働いています。自分が親くらいの年齢の人に指示を出す立場の仕事ですので、初めはとても難しいと感じていました。
しかし、年上の方とも気にせず話せる性格だったので、自分に合っている仕事だと感じます。年上の方からは学ぶことも多いです。気にかけていただけますし、感謝ばかりですね。
1つ1つ現場が終わったら感慨深いです。担当した現場の近くを通ったりすると、しみじみ思いだしてくることがあります。小さい現場だと1ヶ月。長いところだと1年~1年半かかることも。自分の仕事が街づくりに貢献しているんだと実感できることがこの仕事の魅力ですね。

◎ズバリ!私がこの会社を選んだ理由
それは、働く社員のみなさんに恵まれていること!
前の会社は半年に1回くらいの頻度で転勤がありました。仕事は好きだったけど転勤がなく、腰を据えて働けるほうがいいな、と思っていたとき、旭栄産業との出会いがありました。実はほかの会社にも内定をもらっていましたが、旭栄産業で働く人たちのあたたかさに触れ、旭栄産業への入社を決めました。
外壁工事の仕事なども担当しましたが、今担当している基礎工事の仕事がおもしろく、周りの人たちに恵まれているな、と感じています。



<営業部:後藤 洋一>
キャリア 営業部(入社5年目)

◎これが私の仕事
ゼネコンさんへの基礎工事の提案営業。
建物を建てる基礎工事のやり方のご提案を、長崎県内の地場のゼネコンさんに向けて行っています。
営業部は4人。お客様ごとに担当が分かれています。
当社は、基礎工事の分野が特に強み。強みを生かして営業を行っています。
基礎工事は地面の下のことなので、見えないもの。大事なことは「想像力」だと思いますね。営業前にしっかり計画を立ててのぞみます。知識がなくても、過去のデータに基づきながら実施していきますし、先輩たちが教えてくれるので安心してください。自分が携わった仕事が、街をつくっていく。とても大きく夢のある仕事です。

◎だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード 工事が無事に終了した時の達成感!
無事故で順調に仕事が終わったとき、とても達成感があります!
基礎工事は土の中のことなので、掘ってみないとわからない、ってことも多く、過去の資料やデータ、独自で集めた資料などをもとに想像し、計画を立てます。
それが無事に終わったときは、ほっとするとともに、達成感、やりがいにつながりますね。営業をして仕事をとったら終わりではないのが醍醐味です!

◎ズバリ!私がこの会社を選んだ理由
一緒に働きたいと思う人がいたから!
前職で同じような業界で働いていて、旭栄産業の人たちのことは知っていました。そのため、働きやすいと思っていたこともありますが、「このメンバーで仕事をすれば、会社もどんどん成長するし、社会に貢献できることが増える!」と思ったのが決め手です。
一緒に働く人がいちばん大切だと感じていますね。

トップへ